STAFF BLOGスタッフブログ

2019/05/09様々な視点からみる軍艦島

みなさんこんにちは!
GWはいかがお過ごしでしたか?

ミュージアムではたくさんのお客様にご来館いただき、
たくさんお話しをさせていただきました!


天気も良い日が多くツアーから満足そうに帰ってきたお客様と
話しているとこちらも笑顔になりました(^ ^)

長崎でリフレッシュしていただいてたら、
こちらも嬉しいです。





今回はGW期間中、多くの方が
じっくりと展示をみてらしたコーナーをご紹介!




VR体験では現在の軍艦島に行った気分になり、
みなさん「わー!」と声を上げて体験しますが、
こちらは当時の雰囲気に触れることができ、
見ている方も自然と表情が和らぎます。




それが、4階『高橋昌嗣フォトギャラリー』です。

きょうこ



高橋さんは、1972年に約3ヶ月間軍艦島で坑外作業員として
働きながら、写真撮影を行われていました。


実際に島で暮らしながら、撮影をなさっていたため、
カメラ越しではなく高橋さんがみていた様子がそのまま
写真として残っているように感じます。


この展示の前では、
写真をじっくりとみて自分の年代と重ねる方、
若い方は子どもたちの写真で自分の子ども時代と重ねる方
様々な見方をされ想いにふける方が多いです。




私はこの中の写真の方に、
よく似てるとお客様から言われることが多く、
お母さん??家族の方??
と聞かれるので
なんだか他人とは思えないです( ^∀^)




1972年に撮影されたものと
閉山後、2014年に撮影されたものがございます。


同じ場所で撮影された写真もあり、
移り変わりがすごくわかりやすく
活気と笑顔があった様子から、
緑に包まれた少し冷たいコンクリートの雰囲気へとかわり
なんだか寂しい気持ちにもなります。


展示している写真が収められている書籍もございます!

きょうこ

ぜひ手に取って見てくださいね!





また、フォトギャラリーの反対側には
『寺田克也 ふすま絵』
を展示しています。

きょうこ

こちらも展示している作品が収められた書籍が販売となりました!!


きょうこ

漫画家・イラストレーターとして活躍される寺田克也さんが
長崎の四島
軍艦島・池島・高島・伊王島
のそれぞれの島からのインスピレーションで

『龍』を描かれました。


こちらもじっくりみると、それぞれの龍の違いがあり
面白いです。

なんと全てマッキーペンで描かれており、
よく使うマッキーでこんな迫力のある龍が誕生するのか!!!

と驚きです。

きょうこ

ぜひ近くでみてみてください!

合わせて書籍もぜひご覧ください!




軍艦島をいろんな視点から見てみませんか?!
ミュージアムでお待ちしております!

ではまた次回〜
最後までご覧いただきありがとうございました( ´ ▽ ` )

  • 長崎軍艦島デジタルミュージアム 入場券+MRホロレンズのご予約はこちらから
  • 長崎軍艦島 元島民コラム
  • 長崎軍艦島デジタルミュージアム 展示物紹介
  • 軍艦島のガンショーくん Online Shop
  • 軍艦島クルーズへのご案内
  • おさんぽガンショーくん
  • 軍艦島のガンショーくん MRホロレンズ公式Twitter