STAFF BLOGスタッフブログ

2021/03/03忘れていた島の風呂場の中

令和3年が明け、2ヶ月が過ぎ弥生3月となりました。

3月とは言え、日中も寒暖差が激しく、

しかも花粉も
昨年よりかなりの数が飛び回っているようです。

花粉症の方には、お見舞い申し上げます。


コロナも医療従事者のワクチン接種も始まり

長崎は、ステージ1に引き下げられ、

関西から西の
6府県の非常事態宣言も解除されましたね!


が、しかし、気を緩めることなくコロナ対策は

営業再開に向けてしっかりと取って行こうと思っている

ナビゲーター木下です。




先日、取材にて
久しぶりに島に上がって来ました。


久しぶりに見た建物は、

確実にコンクリートが朽ちており、

特に56号棟の基礎の
部分はコンクリートが剥がれ落ち

鉄筋がむき出しに
なっていて非常に危険な状態でした。


また、60号棟と61号棟の間の地下にあった

私も良く使っていた共同風呂は

暗くて今まで
良く中を見ることが出来なかったのですが、

先日行った時は何か物が当たったのか天井に

穴が開いていて、それが明り取りになって

忘れていた共同風呂の中をハッキリと

思い出すことが出来ました。


風呂場は61号棟の真下になります。

みのる


ここが、共同風呂の入り口で此処から階段を降りて行きます。

共同風呂の中は見取り図を描いたので

それを紹介したいと思います。


みのる


風呂場に行く階段を降りると、右側が男風呂で

奥が、女風呂です。


私は、初めて女風呂を見たのですが、

浴槽や
洗い場は男風呂と、さほど広さは変わりがないのですが

流石に脱衣所は女風呂の方が広かったですね

ざっと見ですが20畳程ぐらいの広さだと思います。

ベビーベッドも設置されていたようです。

そして、洗い場に斜めに(緑色)なっている場所が

かかり湯と呼んでいました。 

浴槽で温まった後、風呂場を出るとき最後に体を洗い流すための

きれいなお湯を溜めていた場所で、

此処は、船で水を運んでいた頃、

時化で水量が
不足すると海水を沸かしていました。


それで最後に真水を沸かしたお湯で体を洗い流していた

その名残が残っていて、水道が引かれた後も

この、かかり湯を使っていたのだそうです。


この事は私も当時は知らなくて後で知りました。

如何だったでしょうか?

島の風呂事情少しはお判り
頂けたでしょうか?



それではまた次回お会いしましょう。

ナビゲーター木下でした。


  • 長崎軍艦島デジタルミュージアム 入場券+MRホロレンズのご予約はこちらから
  • 長崎軍艦島 元島民コラム
  • 長崎軍艦島デジタルミュージアム 展示物紹介
  • 軍艦島のガンショーくん Online Shop
  • 軍艦島クルーズへのご案内
  • おさんぽガンショーくん
  • 軍艦島のガンショーくん MRホロレンズ公式Twitter