STAFF BLOGスタッフブログ

2021/04/09島のダストシューター

2021年も新年度を迎え、各地で入学式や入社式なども行われ、

真新しいランドセルを背負った新一年生を見ると

微笑ましい気持ちになる一方で、

首都圏周辺ではコロナの新規感染者が急増し、

コロナの変異株が猛威を振るっている所もあるようです。

しかし、変異株と言っても普段どうりの感染対策を取っていれば、

感染しにくいとも聞いていますので

しっかりと対策を取っていきましょうね!

ナビゲーター木下です。





さて、ミュージアムのシンフォニーのガイド終わりに、

お客様からよく質問を受けることが多いのですが、

一番多いのはのライフラインについての質問です。

次に多いのが、島のごみ処理について!

島ではどうやってゴミを処理していたのかの質問が多いので

今回は、島のゴミ処理についてお話したいと思います。





この端島(軍艦島)には9階建て、10階建てと言った

高層ビルが立ち並んでいたので

島のアパートにはほとんどと言っていい程
みのる

ダストシュートが後付けですが、付けられており

アパートのフロアーにはダストボックスがあり
みのる

蓋を開けてそこにゴミを投げ入れると一階まで

ゴミが落ちると言う便利なものがありました。

そして、一階に集まったゴミはお母さんたちが

仕事としてリヤカーを引っ張り島中を回り

日給社宅(16号棟)の横にあった

「めがね」と呼ばれていた鉄格子の付いたドアを開け、

そこから海へとゴミが捨てられていました。

現代では到底、許されない行為ではありますが

当時は、ペッボトルやトレーといった石油から

作られたものは一切無く、生ごみ(残飯)などが

殆どでしたので海洋投棄もやむなしだったのかも

知れませんね。










最後にミュージアムにお越し頂いた

大分県からお越しの仲良し家族を

紹介して今回は終わりたいと思います
みのる

このご家族傍から見ていても本当に仲良しで

入館の翌日にツアーに参加されると言うことで

この日はたっぷりとミュージアムを楽しまれていました。

また次回お会いしましょう。

ナビゲーター木下でした。


  • 長崎軍艦島デジタルミュージアム 入場券+MRホロレンズのご予約はこちらから
  • 長崎軍艦島 元島民コラム
  • 長崎軍艦島デジタルミュージアム 展示物紹介
  • 軍艦島のガンショーくん Online Shop
  • 軍艦島クルーズへのご案内
  • おさんぽガンショーくん
  • 軍艦島のガンショーくん MRホロレンズ公式Twitter